本日は糖尿病の専門医の先生の文献より

お届けします。

血糖値が高いことで

様々な症状が起こります。

心身をハイパフォーマンスにするにも

糖質を意識することがとても重要です。

糖質中毒になってしまうのは、学生から大人まで

どの年代でも可能性があります。

なぜなら、そういう食品が多いからです。

免疫力が落ち

さらには「AGE」という悪玉物質が体の中で作られ

老化も進みます。

血糖値が高いと

血管も内臓も、皮膚なども

ボロボロになってしまうのです。

血糖値が安定しないと

イライラ、眠気、倦怠感、頭痛なども起こりやすくなるようです。

血糖値の高い状態が肥満をつくっているとも言われています。

血糖値を上げるのは、糖質です。

糖質は、特に注意するべきものは

お菓子、清涼飲料水などに含まれている糖質です。

その他にも人工的に糖質分を高くしている食べ物ですね

血糖値は、通常空腹時で、80mg-90mg/dl

健康な人の血糖値は、70-140mg/dl

この値が最も人間の体にとって

ベストであり

頭脳も明晰で、高いパフォーマンスを上げられる状態です。

例えば、仕事前に飲んでいる「缶コーヒー」などで

血糖値をぐんと上げると

セロトニンやドーパミンといった脳内物質が分泌されて

ハイな気分になります。

ハイな気分になる事を「至福点」と言います。

血糖値が急激に上がることにより

それを下げるために

膵臓から大量のインスリンというホルモンを放出します。

急に下がると、ハイな気持ちから一転して

イライラしたり、眠気に襲われたりするのです。

そして、清涼飲料水などのメーカーは

人の「至福点」を計算しており

商品を設計しているとされています。

飲みたい!と思うことは

そして、やめられない場合は

糖質中毒になっている可能性がありますね

けれど

それを知っていれば、きっと止められます。

「糖質」→「至福点」→買わせるシステム

「病気になるような食料が増大」→「病気」→処方されるシステム

営利によって

購入者がコントロールされている(かもしれないことを)

知っていないといけないですね

子供達も

清涼飲料水などを飲み続けて

糖尿病になってしまうことがあるそうです。

本来、健康な人間の体内には約4.5リットルの血液があり

その中のブドウ糖濃度(血糖値)は空腹時90ml/dlです

つまり、血液中には4グラム前後のブドウ糖がすでに存在しています。

自分に必要な糖質を把握して

気をつけるべき食品を摂取しない

自然でない人工的な食事を避けていくことが

とても大切な時代です。

我が身を守るのは自分

そして、家族や子供たちを守るのは、お母さんとお父さんです。

このブログを見られた方は

気をつけてくださいね

私たちは万が一に生き抜くために

遺伝的に糖質を取ろうとします。

それは厳しい登山をしている人たちからすると

命を守るために大切な事でもあります。

命を守るために

血糖値を下げすぎないようにインプットされている

詳しくは

先日書いた糖質の記事でご確認頂けます

心が落ち込みやすい時は糖質が原因?

松下沙織 SAORI MATSUSHITA

心と体を大切にする健康・ウェルネスコンサルタント

エベレスト含む高所登山を可能にした心と体を覚醒する真・健康術

講演、セミナー、講座案内は先行してニュースレターでご連絡します!

ニュースレター【エベレストへ登れるほどいのちを高める自然治癒力UP塾】
*ご登録の方は「いのちを高める自然治癒力UP動画をプレゼント! 」

https://form.os7.biz/f/8cd1ee45/

【松下沙織の公式LINE】

感想はこちらにいただけると嬉しいです!

https://lin.ee/lZsKrUz

もしくは、ID検索:@saori888

友だち追加

LINE@では、最新のお知らせや読者さんからの質問回答など

より距離感の近い情報発信しています!