2018年12月

高所遠征の活動を応援してくださった母校、神奈川県大和市の聖セシリア中学校、高等学校の全校生徒の前で、講演会をさせて頂きました。

中学生、高校生時代は、元気がない時期でしたが、今の自分が学生たちにアドバイスをしてあげられるとしたら、本当にたくさんのメッセージがありました。

諦めないで、自分を信じて生きていたら、道は拓けていくから、大丈夫だと、そして勉強はしておくと世界が広がるからきっと役立つと伝えながら、講演をさせて頂きました。

12月後半母校の聖セシリアで、生きている意味を見つける旅~世界最高峰への道~というタイトルの講演を中学生、高校生の前の講演をさせていただきました。

写真は少しボケてしまっていますが、お気になさらず。笑

遠征活動を行いはじめ、中学生、高校生とお世話になった「聖セシリア」の在校生、先生方、卒業生「松和会」の皆さんに寄付をいただいて、とてもお世話になりました。

そして、帰国してから大切な行事である「クリスマス会」の日に全校生徒の前で講演する機会をいただきました。

私は学生時代、優秀でも、目立つわけでもない、むしろあまり体も強くなく、保健室によくいく学生だったのでとても信じられないような体験でした。

人生に悩む、思春期の時期に、もし私がメッセージを送るとしたら・・・

学生時代は生きてるのが精一杯だったけれど、今はこんな風になれたよ。

生きている意味は分からず、自分に価値はないような気がした時もあったけど、自分の専門性を高めて国内国外で活動する仕事につき、世界の名峰に挑戦していますとだから、あなたも諦めないで、生きてねとそう伝えたいメッセージがたくさん出てきました。

内容はなかなか悩みましたが、動画やスライドを使用して、自己紹介や仕事の紹介、様々な資格をとり、仕事をしてきたかを話しました。

エベレストやカラコルムでの遠征の映像で旅をしているかのような体験をしてもらいたかったです。

そして、ここからが本題ですが私がどんな学生だったか、上記に記載した通り、冴えない学生でした。勉強している意味は、全く分かりませんでした。

思い起こせば、生徒会、茶道部、バレーボール部に所属して、自分なりに好きなこと、挑戦したいことを選んでいたとは思います。

それから、短大、四大に進み、社会に出て、国内や海外へ出て、自営業をはじめたとき・・・

全ての教科の要素が役立ち、私を助けてくれたと思いました。

英語は世界の人々の話すために、国語は話すのも書くのも世の中を生きるには必須。

数学は発想力や経理において、歴史は国内や世界に出た時に教養として

理科系は生物化学は生活に直結して必要なことがありますし、学生生活の基礎体力が今の基盤なのでバレーボール部に所属したことはとても大きかったです。

福祉のボランティア、老人ホームでの活動は、弱いものを労わる心を育て、心を豊かにしてくれました。

ここでは、挙げきらないほど全ての科目や学生時代の体験は、役に立ってきたと私はそう感じています。

個人的は、体育、音楽、美術、国語などが好きでしたが、あまり勉強していなかった私がそう思うということは、もっと記憶していたら、計り知れません。

また、もう一つ私の人生での大きな出来事は、短大を卒業してから、諦めず3年次編入をして進みたかった4大に進んだことです。

他校からの編入生はただ一人でした誰にも信じてもらえなくても、自分は自分の可能性を信じること、生きている意味を見つける旅、実はこの答えはただ生きているだけで、すでに意味があるということ。

そして、自分の好きなことやワクワクすることを追求して、専門性を高めていくと・・・

それが自分を助ける技術になる(手に職になる)だから、自分の好きなことを一流になるくらい、磨いてください。

それが、世の中に役立つように。そして、学校の勉強は社会に出たら役立ちましたよ。そういうメッセージを伝えたいと思い、お話をさせていただきました。

思い起こすと本当に学生時代は不安定でしたが、今、子供達や学生たちに話をすることが出来るなら、学生だった自分に話してあげられるとしたら

未来は思ってもみないことが起こるかもしれない。生きてる価値はあるよ。だから、楽しんで!そう伝えて回りたいです笑

そして、母校の大切な教訓がずっと私を助けてくれていました。

信じ、希望し、愛深く

自分を信じて、人を信じて、ビジョンを描く、そして、愛深く、丁寧に。本当に大切なことをずっと前から教えてもらっていたんです。

母校に久しぶりに行ったら、先生たちのオーラがキラキラと眩しく、こんなにパワフルで愛に溢れた先生方だったのだとそう思いました。とても守られていたと。

高所遠征はただの一例にしかすぎず、世界はとても広く、様々な生き方があります。

学生たちの何かの役に立てていたら、幸いです。講演会の機会をくださった母校の先生方に心から感謝いたします。

聖セシリア小学校の渡辺校長先生(恩師)に深く御礼申し上げます。