山岳アスリート松下沙織の活動及び健康イベント運営を支援するクラブです。神奈川県大和市のエリアを拠点に活動を行います。活動内容は、アスリート活動、ガイド活動、健康イベント運営事業、健康センター設立事業の4つの活動・事業の営業活動・メディア・広告の受付、協賛金の会計業務、会員の管理業務を実施します。

松下沙織サポーターズクラブ 規約・会則

contents_border_ft.png

この度はお忙しい中、サポーターズクラブのページをご覧くださり、誠に有難うございます。

代表理事をさせて頂いております松下沙織と申します。

ここまで多くの方のご協力を経て一心に一つの道を貫いて生きてまいりました。
その結果、この登山という業界の中で一流の講師陣に恵まれ、自分の技術を磨き、経験を積むことが出来ました。

家族を含め、今まで支えて下さった多くの方々に深く御礼を申し上げます。

日々、トレーニングの日々で朝から晩までどのように山岳分野の技術を磨いていくか、そして多くの方に自然を楽しみながら、怪我なく、安全に、そして身体の負担をいかに減らした登山のガイドの案内をするかを考え、ガイドの仕事をしながらトレーニングの時間を絞り出して参りました。

幼少の頃から、アトピーに悩まされ、スタミナがなく、疲れやすい体質でしたが、自然に入る仕事や時間が増え、そして多くの山岳地帯でのトレーニングを経て、身体を鍛えて参りました。

体力、身体能力が高い方が多い業界の中で、生き残り、この分野で生きることは易しいことではなく、自分の身体がもたないかもしれないと考えた際に本格的に2ヶ月間集中して学んだ「ヨガ」が、私の進む道を力強く助けてくれました。

また、普段から家族が配慮してくれていた自然食の食事法、温泉療法、森林療法、ヨガ療法、そしてインドの伝統医学のアーユルヴェーダの分野など、日々、役立つと思われる健康法を学び続けながら、心身を休め、まずは心身が「健康であること」を大切に過ごして参りました。

そして、健康な状態からさらに元気な状態でパワフルに活動できるように「トレーニング」を続けることがこの仕事や遠征を続ける上で重要な課題でした。

山のガイドの仕事はお客様の命を預かります。自分の状態が元気でなおかつパワフルでなければ、お客様への配慮や安全管理が十分に行えないため、心身のメンテナンスを常に行い、自分の身体を「健康」にそしてさらに「元気」にすることにも全力を尽くします。

また、クライミングや雪山、アイスクライミング、バリエーションルートなど岩や雪山、凍る滝や、岩と氷、雪壁が混じったような自然の厳しい環境では、少しのミスが命に関わるため、自分の身体を「健康」に保ち、トレーニングを日々続け、パワフルな状態、つまり「元気」に保つ必要があります。

そのような活動の中で、日々の生活の中に、取り入れ、学び続け、そして自分がヒマラヤの高所でも実践してきた「健康法のノウハウ」を伝え、少しでも社会の多くの方に「健康」であってほしいという願いがございました。

父が難病で他界していること、そして、数年間携わってきた「福祉の仕事」で障害をお持ちの方、難病の方、認知症の方、ハンディキャップを背負った多くの方の仕事もお手伝いさせていただいた経験があり、その中で「健康」への意識はとても高まり、また、完治させることが出来ない現代病への対策は「未病」することであると痛感しておりました。

病気知らずの「健康的な身体をつくること」、なおかつ、自分の夢を叶えていける「元気」を取り戻してほしい。

子供達や若者たちにこの世には、素晴らしい自然や心を震わせる美しい絶景や冒険があり、そして自分が心に描く夢や目標は一心にそれに向けて集中し、丁寧に心を込めて全てを行い、多くの方に感謝をし、社会へ貢献しながら生きることで「夢は叶う」と、だから、この世は生きている価値があると、そう伝えていきたいと考えています。

自分が実践してきた「健康法のノウハウ」をヒマラヤなどの高所の遠征やハードな山岳地帯でのトレーニングにて実践し続けます。ハードなアクティビティは自分が「健康」「元気」でなければ行えないので、良いバロメーターにもなるためです。

そして、とても難易度が高いのですが、可能であれば、グローバルに活動できる山岳ガイドを目指し、今後も活動を続けたいと考えております。

社会の中で多くの人が「健康」そして「元気」になっていただくための「健康法セミナー」多くの自然療法や身体を健康に保ち、そのノウハウを自分の家に持って帰って頂けるような「健康センターの設立」の目標を大切にしながら、自分自身を常に磨き、高め、活動を続けたいと考えております。


WITHGAIA代表
松下沙織

contents_border_ft.png


代表理事
 
松下沙織 WITHGAIA代表

理事
 
三宅江里 松下住宅代表取締役

事務局長

後藤ゆかり 創英ゼミナール・栄光ゼミナール講師

会計

肥田美世 ケアマネージャー

監査役

渡辺勝之 聖セシリア小学校校長

監査役

松下高士 松下住宅専務

contents_border_ft.png